スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
Be black Yokomo ESC BL-RPX & Futaba S9370SV
2014-04-05 Sat 01:41
Try and lost?
IMG_3098.jpg
もうこうなったら意地でもやり切る自信!


それが必要だと思います(ウソです)
いや、このまえ初めて配線に失敗してからまだ数日ですが今回もお構いなくやってみたいとおもいます。


それは、なぜか?こんぺハウスさんにインプリンティングされたから^^
だってかっこいいじゃん
当然ですが意味がないと思う人も、金銭リスクがいやな人もやらない方がいいですね
IMG_3090.jpg
ということで早速、 Yokomoの最新 ESC BL-RPXをバラシテみます


BL+PRO3は、なんかLRP系な感じがしましたが、今回はお初な感じ、、、、ということはスピードパッション系なんですかね?だれか知っている人いたら教えてね


まぁ多少の樹脂はよいとして、裏面に配線がこんな感じでハンダされてるのはいいことですね
IMG_3089_201404042252074a7.jpg
とても外しやすい(苦笑;


外すのはほんと数分です
IMG_3093.jpg
でケーブルを変更しこんどは、ブラックケーブルをハンダするですよ、この3つのタイトなところにペンシルハンダゴテで^^

ちなみに外す時は、400度に温度調節した豪快なハンダコテではずします
IMG_3094.jpg
こんな感じで一本づつ、ハンダしてはマスキングで簡易ガードするとうまく配線できるとおもいます。


で最初に写真にもどります、ここまでで約20分ぐらい、ほとんどマスキングテープの調整に時間がかかっているだけだけど


普通はこんな感じでやれるのに、くそwPRO3めwwww


ということでLosi22-4に搭載するもう一つのメカ、サーボ君もいってみたいとおもいます。
フタバは結構楽だからねw
IMG_3091.jpg
でバラシテみると、恒例のグニュグニュ樹脂がついてます、うは面倒


とはいえ、これを外せばいいだけなのでまぁのんびり剥がしていきます


すると


え、おい


なに?逆配線っていうかなぜ裏側にコード仕込んでるの;;
IMG_3092.jpg
まじですか?


基板おろしていろいろむき出しにして、ハンダとって、再加熱してケーブル抜いって、、、


1時間コースになりそうな悪寒;;


しかたがない


あれ、基板が動かない、どして?


ええええ、、、まじか


すごくガッチリはまっているのか、もっとケースをばらさないといけないのかわかりませんが、、、、、
今度だれかに聞いてみよっと


とりあえず諦める勇気
※なんでも勇気をつければいいらしいですよ


今回はこれをつかってみたいとおもいます(なんか最初に書いたことがカオスってるような^^;)

関連記事
スポンサーサイト
別窓 etc コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<Losi 22-4 was completed よるのお楽しみ Losi 22SCT chassis was completed>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。