おや、どこかで研磨の音がする
2011-08-27 Sat 15:00
QTEC DiffRing turer
4042.jpg
大御所のこんぺハウスさんにご紹介いただきましたがBLAIRsさんのデフクオリティは、コイツのおかげです。


昔、耐水ペーパーで磨いたら指が血だらけになったので発売とほぼ同時ぐらいに購入!
トゥエルブはもちろん、F1も含めてアダプターが使えるデフリングは全部コレ^^;


時間がかからない、気楽にいいもの出来るという点でかなりお気に入りなBLAIRsさんです。
クオリティは職人なこんぺハウスさん手磨き>≒BLAIRsさん+キューテックかな?
ということでスペアデフを組んでみることに
4043.jpg
すでに組みてたは完了したXRAY XIIの残りパーツご一行様。


意味はないですがいろいろお亡くなりになったXRAYシャフトご一行様
4044.jpg
二人がかりで壊しまくっているワケではないですが、無事なのは手前の一本だけ。


微妙な曲がりか微妙なクラックが入っています。
ホントにコレ捨てるしかないのか?

ちょっと勿体ないですね。


さて気を取り直してデフリング磨き
4045.jpg
素材はもちろんXRAYのリング、クオリティは普通よりちょいイイかな?


これはすでに2段階目の磨きにはいっていると「2ndぐるぐる」ですね。
4046.jpg
QTECは3回ペーパーを変更して磨くのですが、サークルカッターで真ん中に円を開ければ基本なんでも使えます。
まぁ普通はそのまま専用物を買うでOKだと思います。
奥の銀色の入れ物は研磨したリングを水に入れておくためのもの。


もちろん、いま流行りの木星の第2衛星エウロパの氷層を溶かした水を使います。



そうそう、過去QTECで磨いたリングと感想は以下のとおり

XRAY XII : 元がいいのでかなり短時間で完成
CRC Large: 最初が地獄、まわりがドス黒くなるぐらい研磨しないとダメ(二度と買うか)
AE12R5.1 : 素材の処理は普通ですが平面が出てないのでコレも大変
YOKOMO  : コレもかなり短時間で完成する方
TAMIYA F1: まぁタミヤな感じです。


QTECのアダプターは小さな皿ビス3本でリングを半固定します。
4048.jpg
穴は沢山あいているのでかなりいろんな種類に適合できそう、セットは3箇所同じ穴である必要もないです。


でリングは完成
4047.jpg
鏡面仕上げに細かな傷が均一入っている状態。


組上げは96T(モデ用のスペア)で組んでみました。
4049.jpg
スパーは開封するのも面倒だったのでXRAY純正を使用。


本来のスペアでXRAY3号車は完成しているのでコイツはホントにスペア
できればあと2本ぐらいASSYで持っておきたいけど。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)XRAY XII LINK コメント:2 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<”AS SAME” Revival 20110618 たまには写真鑑賞でも よるのお楽しみ 20110821 FLY (T62(US))>>
この記事のコメント
>tqtoshiさん

おはようございます。
XRAYはいい方なんですね^^y

しかしtqtoshiさんの手磨きクオリティはマジで刺ゴイとおもいます。
うそ、QTEC負けたとおもったことが何度もありますし

そうそうESCをおろしたあとの後釜ESCになにを選ばれているのか気になります
2011-08-29 07:44 | URL | BLAIRs #- 内容変更
あれれ ご丁寧に紹介恐縮です(笑)

エウロパの水 1ℓ 2万は高いですが、
良いデフリング作る為なら仕方ないですね(違)


まあ自分の場合は、安物買いの銭失いwの感が
強いです。たまたまキューテックが売ってなかった
だけなんですが、精度は天と地ほど差があると思います。
昨日試してきましたが、ライフは1日ですね(汗)
あんまし手磨きと変りませんwww


ちなみにXRAYのリングは元で相当良い所行ってると
思われますよ♪ 
2011-08-28 00:40 | URL | tqtoshi #- 内容変更
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ