TRINITY D3 17.5Tのコネクターをばっさりと
2011-07-14 Thu 19:23
TRINITY D3 17.5T arrived
3297.jpg
昨日準備したXRAY XII LINK ver IO に予告どおりD3 17.5Tを搭載


今日のラジコンネタはそんな感じ。
まぁよく見るとなにかが違うのですが、それが解るかどうかが駄目大人具合だったりして


これで仕様としては、Kenpさんと完全とはいかぬものの、まぁニアリーな感じ
走り方は違うものの、セッティングの好みとかは似てるしフィーリングもあうのでココはいろんなマテリアルもお揃いにしてみました。

なんかこういうの楽しい ^^;
失敗して2台で燃やすということも確率的には高いと思う方は、ポチリ!


そうなったら二人で別の伝説をつくることにしましょう。
3298.jpg
ストッククラスでは速さの次元が違うという評判のD3、別名LRPキラー(アンプを殺すそうです)


レギュに適応していない旧モデルと適応の新モデルとあるそうですが、こちらは新型の方。
どちらでもいいというのが正直なところ。
3299.jpg
折角なので一日違いで到着したTEAM POWERSのプルトニウム17.5Tと比べてみたです。


後ろ姿はこんな感じ
3300.jpg
なぜか二つともセンサーコードのコネクターは下にあります。


真ん中にシテくれよw


ともかく、D3はSEIKI系のモーターと同じデザインがほんとに


どんびきです。
※BLAIRsさんは大嫌いなだけです。


ケーブルの接続部分はクローズド
3302.jpg
(。´-ω-)ン? なんだろうなぁ、これでどれだけのコストダウンができるのかしらん。


これが買わなかった二つ目の理由。


ということで しゅじゅつ のお時間。
3303.jpg
バッサリいかせていただきます。


ご飯食べながらみちゃダメ!


あ~ん、イタ気持ち(*゚∀゚)ィィ!!というかは別にして
3304.jpg
FRPぶった切りしてみました。


FRPと電極板は、想像どおり上部の曲げで固定されているだけという子供の工作?みたいな状態でしたのでFRPのみ切断。


折り分を確保するためにFRPより少し長め銅の板をCUTしてFRP切断後に折り曲げで固定。
3305.jpg
そしてハンダで完全に固定して完了!


もともとですが、オープンコネクターにしても穴が小さいですね。
基盤のパーツの規格が古いのかな(12Gとかだったらどうするのやら?)
3306.jpg
まぁやらないものは気にしないことにして、17.5Tを早速搭載。
ケーブル固定しちゃうとオープンか良くわかりませんね。


それより失敗したなぁと思うのはもともとのケーブルの穴位置(下方)もかなり高いという点。
もっと穴も下げておけば格好がよかったなぁ


マシン全体はさらに黒くなった。
3307.jpg
まぁなんでも黒ければいいというワケでもないですが


ケーブルがまだカラフルだけどやる気がない、アハハ


そしてこちらが保険用マシン、あとは確認だけでいけそうですがホントは当日もモデで遊びたいのでイオ号がそこそこ走ったらモデに戻しちゃう予定。
3308.jpg
8月からは上のマシンはイオが使うのでまぁその日だけはストックになりそうですけどね。
基本はモデファイドなので^^;


ともかくそれなりに走れるといいなぁw
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)XRAY XII LINK Stock コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<今度は2セルで6.5T搭載 よるのお楽しみ Re>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ