EXOTEK F103 Link SUS Conversionを組んでみる最終回
2011-05-15 Sun 00:00
やっとのことでココまで到着(どこ?)、パーツ選び、基本の調整までですがとりあえず形になったかな^^;



一応ラジコンらしく電波で動く状態にはなってます、もちろんボディは未着!
しかし踏み出すという1歩が大切!(=アニメ『日常 第0話』より)と思うBLAIRsさんです。



けどねwかなりのコストがかかってますね、マチガイナクXII LINKを一台組んだ方が安い
2916.jpg
これでバッテリー、モーター、サーボ、アンプ買い替えたら即死です。


さすがF1、噂どおりドライバーからスポンサーまで一人でやるのはかなり辛い!

さて前回の続きですが、EXOTEKの説明でどうしても気に入らないサイドダンパ-のビスはこんな感じでFIX
2914.jpg
AE12R5.1と同じでM3 14mmのイモネジで固定しておきました。



かなりスッキリをささえてくれたのは今回もネジのウィルコ!
2915.jpg
注文して翌々日には到着してます。※深夜注文なのでまぁ最短といえるでしょう。


リアアスクルまわりの要であるデフは、今回もデフリングトゥルアーで磨きます。
2917.jpg
タミヤのデフリングもこれでいい子になるはず、たぶん^^


固定は3箇所のネジをすべて広げるとピッタリです。
2918.jpg
ちなみにXII LINKの時はすべて一段内側、意外とF1ラジコンのデフリングって大きいですね。


イオさま組み立て中!
2919.jpg
手が小さいので異様にスパーが大きく見えますが96(XIIの余りもの)


デフまわりのパーツはコンペさんのオススメということもあり、かなり高価なパーツでしたが名門タミヤ、それもブル-アルマイト仕様を買ってしまいました。
2920.jpg
わぁぃ━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━!!!!これで今日からタミヤフリークだw


ダンパーはアソシのレッドスプリングにしてみました、たぶんコレぐらいでいいかな?
2921.jpg
ボールエンドはまわりはXRAYにしてみました、AEにしようかなとおもったもののクラッシュ耐性が弱いのでHPI、シャフトはもちろんチタンコート。


タイヤからのハードな衝撃をうけるステアリングサーボは、初登場SAVOXにしてみました。
2922.jpg
クレストのHPでも紹介されているので安心して購入したものの、セミが住んでるみたいですよ。


やはり国産だったか、JRで都合のよいのが見つからないのでコレにしたけど、ガッカリです。


サーボホーンは手持ちのキンブローにカーボンプレートを装着して搭載!
2924.jpg
ボールを下げたいために下側にプレートを組んでみました(イオがやってる)


ここから再度BLAIRsさんにバトンタッチ。
2923.jpg
ぐちゃぐちゃですね、でもガンバル!


ピノをラッパ飲みしながら写真をとったら、いつもと写真の向きが違くなってた。
2925.jpg
ESCはいろいろあるのでまずは初代SXXのブースター仕様の6.5T(オイ)


ブースターはコネクターを追加したので2セル6.5Tで爆速仕様もいけるですよ。


と喜んでいるのもつかのま、ボディはいまでクリアなまま。
2926.jpg
どなたか、1995年仕様の412T2に塗装してみませんか?


ご連絡おまちしています。

イオに『ウサギでいい?』って聞いたらダメっていわれたです;;
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)EXOTEK F104W コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<EXOTEK103 最強パイロット UFOキャッチャーでスカウト! よるのお楽しみ 20110507 遂にツインズ!Garage T&F(TXX)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ