HYPERION EOS 0615i DUO3 ちょっと分解!
2011-03-03 Thu 23:00
さて今月こそはスキーへ(まだ行ってない)と思いつつもさすがに3月に突入するともういいかなw?なんて気分になってきますが、実は北海道に2回行って気分を晴らすプランを予定していたります。



ついでに今月は谷田部にいってみたいかも? え、ぜんぜん違いますか?
その前にバッテリ、、、入荷が遅れているとのメールに愕然としているBLAIRsさんです。



オリオーン90C!ほえん!
まぁ残念ながら到着しないものは仕方がないということで今日はHYPERION EOS 0615i DUO3のセミ退治をしてみたいと思います。
2388.jpg
HYPERION EOS 0615i DUO3といえば、意地でもちゃんとバッテリを充電しちゃうお気に入りの一品ですが、どうやらクリーングファンの中にセミが潜んでいるようです。


別名『ファンがお亡くなりの時期に近づいてきました』状態


まずは裏からみて左側が昇天レッドアラームです。
2389.jpg
まぁ折角なら交換しやすいように外につけてくれれば気軽にやれるんですけけど。


折角、sapodoraさんに同サイズファンをいただいたので交換してみたいと思います。


まずは、バラス!
2387.jpg
とりあえずサイドプレートを外さないとどうもにならないので外します。


こんなときにエスパー伊藤さんがいれば交換できますかね?


ファンはこの中に入っています、ファンは2個ありますが、2個とも配線コネクターがこちら側にあるのでどちらがお亡くなりになっても取り出し側はこちらです。
2392.jpg
ヒートシンクは大きいですね。
この時点でファンを抑えている4本のタッピングを外すとファンが外れてきます。


ただし外しやすいように上部パネルの固定ビスもゆるめてやり易いようにしますね。
2391.jpg
なんか配線は美しくないですが、まぁ見えない部分なのでいいかな?
真空管アンプの配線を無理やり押し込んだ感じです。


しかし、ヒートシンクに皮膜の薄い配線がさわらないようになっていたりと時代おくれ(RC全体がね)ではありますが頑張っているようです。


とりあえずファンを取り出してみると交換が可能なようにちゃんとコネクターで基盤に接続されてました。
2390.jpg
これがハンダだったり気分は、まっさかさまに落ちてデザイアですが(え、もう化石ですか?)


さて一応電源をいれて20A放電をして最終確認をしてみました。


あれ、ぜんぜんOKじゃん(なんでだろう?)
まぁ交換することもアリだとは思いましたが今回はそのまま戻しておきました。


次に騒いだらバッサリ交換したいと思います。(無駄な時間を過ごしてしまった)


けどまぁ、現時点一番いいなぁと思う充電器がこいつですね。
まだ、まちがいなくオススメです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)Items for 1/12 racing コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<いっぱいありがとう!AE12R5.1GTM よるのお楽しみ 20110227 やっぱり此処ですか?SAM SPEED WAY(T43)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ