スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
XII LINK リアセクションのナゾ判明!
2011-02-07 Mon 23:00
さて、今日は3社があつまり危険な時間にミーティング、当然そのまま飲みにいくよね^^;
フラフラ状態でなにができるといわれてもなにも出来ない気がするので本日は検証だけ



ということで、昨日ナゾのままにしてしまったリアセクションについて考えてみるます。
火、水、木の3日が勝負どころとレイトスタートになりましたねwBLAIRsさんです。



もう今回はタイヤはあきらめて在庫オンリーでいくしかないです or 会社をサボるかどちらかですがアポが入りすぎているのでそれも無理!


名古屋で作るかw タイヤセッターと安定化は万全ですが時間との勝負となりますね。
ポコさん、金曜日説があるのでしょうか?(見ていることを信じてます。)
2250.jpg
ちなみにマシンはここまで完成!


あとはモーター、バッテリーコネクターへの配線!
フロントセクションの移植、サーボの搭載、バランシング、セットアップです。
※なんか沢山あるような、どぼちて;;


さてそれにも変わらず、昨日はそのまま放置してしまったXII LINKのリアセクションの問題。
なにが違うかというと1号車の方が動作(横ロール方向)が2号車より多きいという点です。
とりあえず2台とも


・モーターマウントとアッパーブレースの間に2mmシム
・リアブレースとポストの間に1mmシム
・ダンパー取り付けにはモーターアッパー、リアブレース側ともに3mmシムをはさんでます。


動きが硬いとかそんなことではなく、同じ仕様にしているのに1号車はダンパーよりスプリングシートが先に干渉し、2号車はダンパーとブレースとアッパーが干渉するということです。


しかたないので各部シムの計測をしても同じ厚み、次にモーターマウントを計測してみあましたが、これも同じ!

σ(゜・゜*)・・ん??リアブレースの高さが違うですね。


XIIリアブレース用というものを昨日ちゃんと購入したのに、型番も373072?あれ71じゃん
2248.jpg
理由はわかりませんが(いやまだLINK用のブレースが国内流通されていないだけ)同じ名称でも型番が1番ずれていました。


おお、そうですか?



ちなみにナゾをといたあとに型番の違いに気がつきましたので写真中のOLD、NEWは逆ですね。
でも直さないのがBLAIRsさんです。
2243.jpg
結局綺麗に動作させるために純正ポストの方(つまり373072)は、0.5mmシムを一枚だけかましてします。
これが2号車!


そして、昨日到着したパーツを装着(つまり373071)には、シムを3枚加えてあります。
2245.jpg
こっちが1号車の方です。


つまり373071+1mmが373072ということですね。


ややこしいです。


このダンパー周りの処理は12R5.1の方が綺麗ですね、強度をとてつもなく犠牲にしているとのことです^^;
さて明日こそ完成させるぞW
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)XRAY XII LINK Stock コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<土曜日にむけて残すところもあと3日 よるのお楽しみ なにかが違う、XII LINKリアセクション?>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。