XRAY XII ボールデフを組んでみた
2010-09-26 Sun 00:00
XRAY XIIは車体を組み上げることを神に委ね、今日もスペアパーツ作成を頑張りました。
その分、今後もアソシでいろいろ頑張ってみるので今回は大人のずるさを見逃してね。



あ、けいおん!!来週あたりで番外編もついにラストでしょうか、残念です。
このアニメは本当に面白いですよ、なかでも憂ちゃんと和ちゃんが好きなBLAIRsさんです。




さて(全然さてではありませんね)XRAY XIIデフはもちろん、巧みの技はお金で買えが合言葉の遊星運動サンディングマシン!デフトゥルアーを使って作成です。
1514.jpg
まずはアダプターにデフリングを装着です、左はアソシ12R5.1のデフリング(あわせてメンテ)でハマッているのがXIIのデフリングです。
ちなみにアダプターのビスの位置はぴったり収まる場所がないので、上の写真(アソシサイズ)にビスをはめて若干ビスをリューターでなぞって全体径を大きくしてみました。
※その分アソシにはガタがでますが、まぁそれはキニシナイ!


XIIのデフリングはかなり細く、厚みも若干薄いので実はネジも干渉しますが、これはデフリングトゥルアーのリング固定ネジが皿ネジでアダプター側は皿加工されていませんので、ここもリュータで若干皿加工をすると綺麗に収まります。※ほんとに若干で十分ですよ。


デフリング本体は、打ち抜きで作成されているアソシと違い、(; ̄ー ̄)...ン?なんだったかな、まぁちゃんとしているということです。※とても綺麗で打ち抜きと違い歪んでいません。


これはかなりイイですね。


さっそくセットしてまずは赤で300回ほどクルクルクルクルやってみます。
1515.jpg
精度がいいのでコレで十分ということにしておきます。


2個目登場!こいつも同じように300回ほどやっておきました、まぁ100回でもイイ感じがしましたがココはノリです。
1516.jpg
他のデフリングと比べてカナリ研磨のゴミがでません、旧CRCが過去一番でて真っ黒でした。
アソシは歪んでいるのでブツ的にはCRCと変わらないのですが研磨される場所がすくない分マシに思えますがほんとは違うんでしょうね。



研磨後はすぐに水にポチャリ、しないと表面酸化したような変なあとがスグにつきます。
1517.jpg
これは遊星研磨で表面積が増えているからなんでしょうね。
まぁ再研磨が面倒なのでやっておきます。


でこの後はグリーン100回→オレンジ100回して終了!最後の研磨後はクリーナースプレーで脱脂したあとすぐにデフグリスを塗布して表面をガードします。


今回はXIIのデフとあわせて12R5.1のデフもメンテしましたのでついでに比べてみました。
1519.jpg
上はアソシ12R5.1のデフシャフトのASSY、下がXIIです。


モーターマウント側ベアリングに接触する位置からの長さが
12R5.1 85.9mm 
XII   84.4mm

右(デフ側)からのホイール接触面からのデフ調整用のネジ部分は
12R5.1 16.2mm 
XII   9.4mm

でしたアソシは10R5と共通にしているのでこの長さなのかもしれないですね。
まぁHITすることを考えると極力短い方が助かると思えますが!


まぁこの スペアの出番がないことを祈りたい です。



関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)XRAY XII LINK コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<20100925 XRAY XII シェイクダウン in CREST(T28) よるのお楽しみ XRAY XII WiKi もどき(随時更新 只今2010.09.26)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ