スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
CRC Steel Ball Hopper 通称ケンシロウ
2010-06-06 Sun 18:00
脱(ミニ)万力宣言!やはり専用アイテムは違いますねと勝手に信じて今回久しぶりに
ニューツール購入してみました、駄目大人3日ぶりなら久しぶり(良い子は真似すんな)



SAMでのサル二郎さんのリセッティングの域を超えるリビルトに感動し、2号車もフロン
トセクション組み立てなおす為に、やむ無くケンシロウを購入したBLAIRsさんです。



CRC Steel Ball Hopper 1,200円 from Kimihiko-yano
881.jpg
ちょっと飾り気のない無骨なやつですが、これを見たボールは既に死兆星(漢字あってる?)
が見えていることでしょう。「オマエハヌケテイル」


本当はコレにハードコートをしたPBとかクロームなSnapOn的要素を求めたいですがまぁ
ないのでこいつを使う!
882.jpg
本体は2分割でメス型の方はボールをはめる時とはずすときで上下反転させて使います。


で早速使用となる問題の2号車のフロントセクションはこちらw
883.jpg
ここでピンとキタ人はさすがですが、さすがなオーディエンスしかいないBLAIRsさんの
ブログ!(たぶん)
シャフトを入れたら、もう自重では下がりません、つまり駄目駄目です。
ケンシロウ的にいうと「あたー」ぐらいでしょう。※書くとおもったでしょ^^;


ということで作業的に面倒なのでフロントセクションを丸ごとはずします。
884.jpg
すると、秘孔を疲れたあとのハート様の顔ほどではありませんが、アルミマウントが
歪んでいる、「ひでぶー」※これはどうでしょうか?


なんかねじれながら歪んでいます、それも2個ともなんですけどね。
885.jpg
BLAIRsさんの歪ませ方とはまったく違う謎モードでしたが前回同様にSnap-onで直しておきま
した。直し方はこちら


さてアルミ修正はともかく、CRC Steel Ball Hopper 通称スチ坊(あれ変わってる?)で
フロントセクションのボールを綺麗に動くように組みなおします。
886.jpg
ついでにボールもCRCのブロンズボールを使ってみました、↑コイツです。
値段は、アソシの樹脂ボールよりも安いです。
内径もHPIのチタンコートシャフトとぴったりスルスルでとても良い感じです。
ブロンズなのでシャフトを傷つけるかな銅かな?(駄洒落です。)ですがやわらかい金属
なのでまぁ良しということにしておきます。


そして、スチ坊を使ってはめてみます。
887.jpg
はめるときは、メス側の空洞でない部分を使います。


はまる直前!まわすのは大して大変でもないですが、手が痛いかも
888.jpg
しかし、これならオイリッシュな人にもぴったり(←殴!)


はまったw でも動きがめちゃ硬いですねwアソシ樹脂ボールよりも若干大きいかも
889.jpg
ということで残念ながら次の工程にすすみます。


今度はヌク!なんかやらしいので書き直し、今度は抜きます。
890.jpg
はずすときはメス側の反対側(空洞のある方)を使います。


こんな感じです。
891.jpg
ほとんど上の方の写真と変わらないね。


ボールが綺麗に外れました。
892.jpg
アソシの樹脂ボールもやってみましたが、こちらも綺麗に外れます。
はずす前にはクリーナースプレーで汚れを落としてからオイルを少し付けて抜くと再利用
可能な状態ではずれます。

はずれたボールは穴の中(゜ー゜)ニヤリ
893.jpg
こんな感じです。


そして外す、リューターでオイル研磨してハメルのひたすら繰り返し(2セット分で3時間)
894.jpg
かなり丁寧に調整しながらやってみました、もうスルスルです。


外すのが面倒だったり、またボールをつぶしちゃう危険がないので気のすむまだ調整する気
になるってことでもコイツは有効と思いました。
まぁこんぺハウスさんがスラストベアリング付のものをもっていたのはびつくり脱帽でしたけど。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 etc コメント:5 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<続ボールエンドオープナー よるのお楽しみ SPEED WAY PAL 奈良漬状態で突入(T13)>>
この記事のコメント
そんなのあるんだ
なんですとw
KOSEそんなの出しているんですね。

見つけたらGETしてみます。(また道具増えそうです。)

ボール磨きもがんばって挑戦してみます。

ありがとうございます。
2010-06-07 22:52 | URL | BLAIRs #- 内容変更
貫通ではありませんヨ!?
まんま、ボールに切込みが入っているやつで、
大きさを5.8-6.0位にアジャストできる優れものです。
サイドリンク等の玉は、ホーロービスにナットを付けてロックしリューターでビスを回しながら極細目のペーパーで磨き、仕上げにピカールで磨きます。コレでばっちりスルスルになります。
出来れば、HPIや川田のドライタイプのフッ素を塗ると、尚良いですv-218
2010-06-07 19:34 | URL | しゃかしゃん #- 内容変更
磨きたいけど磨けない
> しゃかしゃんさん

貫通ですか、男らしいですね(怖;
しかしそんなやり方があったんですか
あと、磨くってあの小さいのをどうやって?
バフと研磨剤ですつかわれてるのかな
2010-06-07 09:54 | URL | BLAIRs #- 内容変更
追加
サイドリンクには、入らないので玉を磨きます。
2010-06-06 18:51 | URL | しゃかしゃん #- 内容変更
自分は、KOSEのボールエンドリーマーΦ6ってので穴を削って瞬間流して又削っての繰り返しで、
作ってます。ご参考までにv-221
2010-06-06 18:48 | URL | しゃかしゃん #- 内容変更
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。