1/18 SDRオリジナルマシン
2009-12-04 Fri 16:04
すでにブームから6、7年も経過したマイクロRS4
まだヨーロッパではそこそこ売れているらしいのだか、日本ではさっぱりお見かけしない。
いまだに遊んでいるのは、2ちゃんで復活をした一部の方々(BLAIRSさん含む)とAORCの
面々ぐらいかなw


そんな中で1/18メンバーズのカロッツエリアSDR氏にSDRシリーズ第3弾、カーボンシャーシ
のスペシャルモデルを作っていただいた( `ー´)ノ



浮かれ気分のBLAIRSです。(ちなみに過去記事です。)



まずはメカ積みの前にマイクロの部品を搭載
49.jpg
この状態は一番カッコイイとおもうのでまずは1ショット。


SDR氏からこの写真がとどいたときはそれはもう、うひゃひゃです。
48.jpg
CADで図面をひいてNC旋盤で切り出していただいたものですがまぁクオリティ高いです。
皿ネジ加工までしていただいていますので基本セッティングだけです。(実はこれが大変)


メカ積みをしてみるとサーボセイバーが干渉したのですこし加工をしてみた。
SDRはこれぐらいは基本中の基本です。
54.jpg
シャーシはフロントのみマイクロリアはシャフトのみノーマルでリンクサス。
ダンパーはHPIの12X用にマイクロのノーマルリアサスをロールダンパーとして使用。


そしてメカ積み、サーボはHITECの81MG、4PKの巨大な受信機とかなりレスポンスの良い
TEKINのB1をおごってみた。モーターは180とここはノーマルマイクロと同じだが、、
52.jpg
A123のLi-Fe1100を直列搭載、ちなみに3セットあるのはマイクロRS4とM18用。


なかみが行き過ぎている感もあるので今回はダッジを軽い萌えにしてみた。
そしてさっそくMショップに向かうのさw
55.jpg
マイクロサイズはイイ!4PKの送信機ほか、充電器などもろもろすべてを積み込んで
1バッグで逝けます。


ケースはプラノのミディアムサイズ(ダークカモフラージュカラー)
完全防水なので雨の日でも安心、まぁ外からはRCだとわからないしね。
知り合いには生活スタイルが理解されているけど、傍から見たときもセンス良くが基本ですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)mini scale コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<SDR最速化計画 よるのお楽しみ
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ