スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
SP-4608S 12R5.1用 ホイルハブ/スラストコーン セット
2010-03-22 Mon 11:46
LVの鞄の内張りが日本の夏に悲鳴をあげて、内張りベタベタとなりニセモノかw?と激怒!
調べたら本物で持ち主は、「一流なのに繊細な面もあるなんて私みたいでもっと好きになりまし
た」とのこと。
いやwメーカーとしては、こんな顧客を囲いたいですね、うらやましい。



さて季節外れな話はともかく、かなりリスクいっぱいの噂にも関わらずヨコモの12R5.1用のホ
イルハブ/スラストコーンセットを購入してしまったBLAIRsです。



まぁBlogネタ用といえなくもないですが、一度試してみようかな気分です。
504.jpg
SP-4608S 12R5.1用 ホイルハブ/スラストコーン セット定価4600円、値段は微妙な感じ。


まずは右のホイールハブ、左はアソシ、右はヨコモです。
505.jpg
タミヤブルーに近いブルーアルマイトは残念ですねw、構造は単にハイトを減らしただけ。
デフリング側に直径がヨコモ一回り大きく、薄い(なぜ?)


右ハブを重ねてみるとこんな感じ
513.jpg
スラストコーンはハブの薄くした分、余分にシャフトが右にでますので、調整の為に長くなって
います、左がアソシ、右はヨコモです。


とりあえず、左右のハブにホイル固定のキャップビスを入れてみた。
508.jpg
普通に入りましたw、ああ良かった(´▽`) ホッ、キノコみたい。


次に左のクランプハブ、事前にsapodoraさんからお知恵をいただいたのでオイルをダブダ
ブつけてM2×8mmのキャップビスを仮締めしてみると、締め付けるまえから硬い!
511.jpg
数回締めて、緩めてを繰り返しなんとかアソシとおんなじ感じまでもっていきました。
アルマイトはハゲ具合でキツさが伝われば、、、、伝わらないと思う。
クランプもモーターマウント側の厚みを減らして対策してるんですね、これはアソシ加工でも
できそう。


次にシャフトとホイールにそれぞれつけてみました、右にハブはベアリングをいれてスムーズ
に入ります、クランプ側は微妙に緩いけどまぁいいか、アハハ!
512.jpg
ヨコモのクランプハブはシャフトにスルスルって入ります、逆にアソシはキツメですのでグリグ
リ入れていく感じ。
クランプの締め付けはアソシに比べて当然クランプを多く閉じることになりますが、大丈夫と思
いたい、っていうか信じたい!



このパーツに変更することで左右3mm内側にオフセットとなりますから、ヨコモや投売りされて
いるHPI12とのかオフセット0mmのホイールが使えるってことですね。
とりあえず、手持ちもタイヤがなくなったらこのセットを使ってヨコモホイールをはかせてみよう
とおもいます。



さすがにノーヒットでコイツが変形することは無いでしょう、ただしヒットさせないテクがあ
るかは別問題、締め付けのオイルは忘れないようにしよっと
関連記事
スポンサーサイト
別窓 (FIX)AE12R5.1 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<黄砂を踏んで空を飛ぶ12R5.1(前編) よるのお楽しみ ボディはそろそろ外注したいものです。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 よるのお楽しみ 
copyright © 2005 よるのお楽しみ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。